デイサービスあぷり“For Healthy Life” スタッフブログ

チェストプレスの正しい姿勢について

皆さんこんにちは!デイサービスあぷり“For Healthy Life”石塩です。

前回、前々回とレッグプレス、レッグエクステンションの説明を行いましたが今回は一番フォーム(正しい姿勢)の難しい

チェストプレスの正しい姿勢について説明します。

3つあります

1つ目「肩甲骨を寄せて胸を張る」

肩が前にでている状態でチェストプレスを行うと三角筋前部(肩)に負荷が逃げてしまいます。

大胸筋(胸の筋肉)を鍛えるために胸を張るように意識してください。

 

2つ目「肩をすくめないこと」

肩甲骨を寄せていても体に力が入りすぎ肩がすくむ人は多くいます。

肩がすくむと大胸筋に正しい負荷を与えられません。正しいチェストプレスをするには、肩甲骨を寄せて肩を落とすようにしましょう。

 

3つ目「動作をゆっくりにすること」

チェストプレスでは、大胸筋に負荷を与えるためゆっくり動作を行います。

目安としては、押す動作に2秒かけて戻す動作に4秒かけます