あぷり志紀  スタッフブログ

あぷり消防隊、出動!!

「備えあれば憂いなし」

災害に備えて、今年もあぷり消防隊の皆様と防災訓練を実施しました!

最近、全国で地震に関するニュースが続いておりますね…

幸いにも大きな被害は出ていないものの、

この先、いつ大きな災害に襲われるかなんて、私たちにはわかりません。

災害に備えるとは言うものの、何をしたらいいのかわかりません。

いざ避難するとなったとき、気を付けることは?最適な行動とは?

今の私たちは、災害に関する知識をどれだけ持っているのでしょうか?…

 

…失礼いたしました。少し不安を煽るようなことを書きすぎたかもしれません

でもご安心ください

この、あぷり消防隊が災害時に役立つ知識を、訓練形式で皆様に共有してくださるそうですよ!

災害に備えて一緒に勉強していきましょう!

 

…とは言ったものの、消防隊の出番は少し後になります

当然、利用者様の命が最優先です。

まずは、利用者様全員がスムーズに避難できるよう、

職員を班分けして、実際に災害が起きたことを想定した寸劇で

避難手順を利用者様にご説明させていただきます。

今回は水害を想定した訓練となります。

大和川が氾濫し、津波が襲ってきたときはどれぐらいの高さまで、浸水するのでしょうか?

なんと、150cm程度まで浸水します!

ほとんどの人が肩ぐらいまで浸かる高さです。避難しないと大変危険です。

水害が予想されるときは皆様高いところへ避難し、救助を待ちましょう!

早速、1階の利用者様には2階へ避難していただきます。

続いては、避難時に持っていくものですね。

事務員が金庫、看護チームが応急処置に必要な物品、停電に備えて電池とランタン&懐中電灯を持ちます。

そして介護士は介護に必要は備品を持って避難します。

食事に関してはどのようにいたしましょう?

 

 

「「炊き出しはうちらに任せとき!!」」

なんとキッチンスタッフが炊き出しをしてくださるそうです!

とっても頼りになりますね!

これなら食事は安心できます。

 

さて、あとはトイレですね。

水道が使えないならどうやって対処しましょう?

 

お任せください!ポータブルトイレをご用意いたします。

ビニル袋を被せて、便器の中に尿取りパットを入れれば…?

 

このように排泄物は吸収され、ビニル袋を交換するだけで再利用可能です!

以上で訓練は終了。

続きまして、消防隊によるクイズショーです!!

クイズショーでは、災害時に適切な行動を知っていただくために、2択問題を出します。

 

それでは問題です。

水害時、避難する場合はどのような靴を履くのが正しいでしょうか?

A. ひざ下まである長靴(写真で消防隊が履いているようなもの)

B. 動きやすいスニーカー

さて、どちらが正解でしょうか?

答えは………

 

 

 

 

 

 

Bの動きやすいスニーカーです

一見、ひざ下まで守れる長靴が適切だと思うかもしれませんが、

浸水している足元の水中にはガラスの破片など危険なものがあります。

それらが長靴の中に入ってしまう恐れがあることと、

水が長靴の中に入って、重たくなると動けなくなるなど、

長靴を履いての避難は大変危険です。

必ず動きやすいスニーカーを履いて避難しましょう!

 

このように皆様にクイズに参加していただきました。

皆様真剣に考えてくださっているご様子で、消防隊もとても嬉しそうでした

 

最後はけが人が出た時の対応です。

災害時に、けが人を安全な場所へ運ぶための工夫ってご存じでしょうか?

消防隊によると身近なものを組み合わせて担架が作れるそうです

そのアイテムとは…

 

シャツと物干し竿2本です

 

シャツの左右の袖に1本ずつ物干し竿を通すと、

このように担架になるそうです!

強度もこの通り、しっかり運べております。

ぜひ活用してみてください!

 

という感じで今年は防災訓練を実施致しました。

志紀では、利用者様方には楽しく訓練に挑んでいただきたく、

このような取り組みを行いましたが、去年に続き大成功でした。

利用者様がより安全で、より安心できる施設を日々目指して参りますので

これからも何卒宜しくお願い致します。