あぷり志紀  スタッフブログ

今年の『節分』は、大変珍しいらしい・・・

節分の日はさて・・・いつでしょう~か?

本来は、2月3日ですが・・・

今年は、1897年(明治30年)から124年ぶりの2月2日に『節分の日』になりました。

大変珍しい『節分』のお昼ご飯には、定番の『恵方巻』が登場

こちらは食べやすいように恵方巻を切った、利用者様用のお昼ご飯

そして・・・

こちらは、職員さんのお昼ご飯

海苔が光り輝いている、見事な1本の恵方巻です

今年の縁起のいい方角は・・・「南南東」

皆さん、黙って静かに恵方巻をかぶりつきましたか?

   

皆さん、見事なかぶりつきぶりでした

 

昼食後は、節分の日恒例の『豆まき』イベント

節分の起源は、平安時代に疫病を退散させる願いを込めて始まった儀式

コロナという疫病が蔓延しているまさに今、この時にするようなイベントではないですか

 

2匹の鬼が、

「今年もやってきたぜ。あぷり志紀へ

と皆に向かっていきますが・・・今年は、体格の良い大親分が不在です(笑)

    

「鬼は外 福は内 疫病退散 疫病退散

と厄介なコロナという鬼を皆さん元気良く豆を投げつけて、吹き飛ばしています

驚かしたり、悪戯したりして回る鬼たちに

 

中には「怖い~~~」と怖がられる利用者様もいれば

逆に鬼に立ち向かわれる勇敢な利用者様もいます

     

豆を投げつけられた鬼たちは、改心し記念に仲良く写真を撮って地獄に帰っていきましたとさ

鬼たち<来年もまた、くるからな~~~~

利用者様<もうくるな~~~

おしまい