あぷり八尾都塚 スタッフブログ

先日のスイーツをご紹介(^^♪

こんにちは!!

あぷり八尾都塚の有川です。

都塚では、毎日15時におやつのご提供をしております。

スタッフからもお声がけをしているのですが、

その時間ぐらいになると自然に、

皆様が集まって来て頂けるのも、

「おやつの時間=15時」というが、

お体に定着しているのでしょうか??

ちなみに3時のおやつにも、由来がありますよ(^_-)-☆

☟ ☟ NET引用 ☟ ☟

諸説ありますが、「3時のおやつ」という言葉が生まれたのは、江戸時代頃だと言われています。当時、平民の仕事は農作業などの重労働が多く、当時の1日2食制度では体力維持が難しい状況でした。そこで、休憩しながら軽食でエネルギー補給をすることで、その後の仕事に悪い影響が出ないようにしたそうです。仕事の休憩時間は午後2~4時頃が多く、その時間のことを当時は「八刻(やつどき)」と呼んでいました。そのため、「八刻(やつどき)」の「八(やつ)」に丁寧語の「お」を先頭部分に加えて、この時間に食べる軽食のことを「おやつ」と呼ぶようになったのです。現在は八刻という言葉は主流ではありませんが、「おやつ」という言葉は使用され続けていますよね。ちなみに漢字で表すと「御八つ」と書くそうですよ!

何事に対しても、色々と由来がありますね