小規模多機能ホーム スタッフブログ

干し柿づくりに挑戦

小規模では、今年も渋柿をいただきましたので、利用者様と一緒に、

干し柿づくりにチャレンジしました。

まず、渋柿を一個ずつ皮をむいていきます。

球形の柿の皮をむくのは、なかなか大変ですが、

利用者様は、次々ときれいにむかれていました。

皮をむいた後、熱湯に通し、風通しの良い小規模の中庭に、吊るしました。

3週間後には、立派な干し柿の出来上がりです。

吊るした干し柿を見ながら、利用者様が

「もう、食べれるよ。」

「いつ食べるの?」

「まだ?」

と、言われる声が、どんどん大きくなっていき、

ついに、取入れの日を迎え、満面の笑みです。

  

後は、美味しくいただきました。

干し柿には、βカロテンが多く含まれており、強い抗酸化作用があり、生活習慣病予防や

アンチエイジングに、効くそうです。

また、βカロテンは、体に吸収されるとビタミンAに変わり、免疫力をアップさせたり、

お肌や粘膜を保護する効果があるそうです。

他にも、植物繊維や、タンニンと呼ばれるポリフェノールが、たっぷりとあり、体にとっても

良い食べ物です。

これからの寒い冬に備えは、バッチリ!

小規模は、元気に頑張ってます!!!